植毛によりコンプレックスを克服した話

頭髪の薄さがコンプレックスで性格まで内向的に

AGA植毛薄毛治療

現在私は、中堅どころの商社に勤めています。
社内ではとりわけ目立つ存在ではなく、仕事もできるということもなく平凡な平社員と言ったところです。
現在28歳ですが同期で入った仲間はみんな出世しているか、結婚しているかで幸せな人生をそれぞれ順調に歩んでいるように感じます。
それに比べて私はどうでしようか。
友達はインターネットの交流サイトの名前も知らない人たちばかりで、あと猫も一匹います。
こんなみじめな人生になったのは、すべては頭髪のせいなんです。
私の髪の毛が抜け始めたのは高校生の頃です。
当時バイクに夢中で通学や遊びなど必ずバイクを使っていました。
その際、必ず使うのがヘルメットですが、これが災いしたのかもしれません。

ヘルメットを外した時、汗に濡れて髪の毛がべたっとなりますが、それを最初は気にもしていませんでした。
友達から最近うすくなったな、など冷やかされても、それは汗のせいだと思っていたからです。
でも、家に帰りシャワーを浴びた後、普通は髪が復活したようにボリューム感が出るのですが、その頃には髪の毛に元気がないと気づいていたのでした。
大学に入り、上京したころには取り返しがつかないほどの禿になっていました。
当時はロングが流行っていましたが、私はあえてそれにはせずスポーツ刈りにしていました。

頭髪の薄さがコンプレックスで性格まで内向的に / 会社の人から植毛の話を聞いて興味を持つ / 植毛後は自信が持て仕事の効率も二倍に  / 植毛をしてみた感想